深蒸し茶の美味しい入れ方を紹介します

急須で入れたお茶は、日本人にはなじみの深いものであり、毎朝必ず急須で入れたお茶を飲んでいるという人もいるでしょう。お茶はどんな茶葉でも、どんな入れ方をしても同じだという人も多くみられますが、お茶は奥が深く、原料の茶葉や製造方法、入れ方ひとつで、全く違った味わいになります。お茶を甘みのあるおいしい味にするために、特別に時間をかけて、よく蒸したお茶のことを深蒸し茶と言います。普通のお茶をつくるときよりも、豊富な蒸気を使いよく蒸しているので、渋みや苦みを抑えたまろやかでコクのあるおいしいお茶です。こだわりの製法で作られた深蒸し茶をおいしく飲むためには、ぜひおいしく入れたいものです。入れ方を間違えると、せっかくのおいしいお茶もおいしく味わうことができなくなってしまいます。正しい入れ方はどのようになっているのでしょうか。

おいしく入れるための事前準備とは

深蒸し茶をおいしく入れるためには、様々な事前準備が必要になります。まずは水を選びましょう。茶葉が本来持っている成分をバランスよく抽出するためには、良質な軟水を選ぶことが重要になります。良質な軟水としては、カルキ成分がなく、有機物や塩分も少ない、硬度が1リットルあたり30ミリグラムから120グラムほどのものが良いでしょう。その中でも一番よいのはミネラルウォーターです。この場合もミネラル分の少ない軟水を選ぶと、お茶本来の味を楽しむことができるでしょう。水はまず完全に沸騰させてから使用します。沸騰したらふたをとって、さらに5分以上沸かし続けましょう。これによりカルキ臭などの臭みがなくなります。また茶葉の成分をバランスよく抽出できるようになります。最後にお茶を入れる際には、ポットから直接急須に注ぐのではなく、一度お湯を冷ましてから急須にいれるようにしましょう。お湯の温度を低くすることで、甘くまろやかなお茶を入れることができます。

おいしく飲むための上手な入れ方とは

深蒸し茶をおいしく入れるための2から3人分の量としては、茶葉は大さじ2杯くらいを目安にしましょう。湯の温度は70度から80度くらいで、湯の量は一人あたり180ccが目安となります。おいしい入れ方としては、まず人数分の湯飲みにお湯を7分目ほどついで、お湯を冷ましましょう。人数分の湯飲みにお湯をつぐことで、お湯を冷まし、分量をはかり、湯飲みを温めることができます。急須に適量の茶葉を入れたら、湯飲みのお湯を急須に注ぎ、1分ほど静かに待ちましょう。この時に急須を揺すると、お茶の苦み成分が出てしまうので、気をつける必要があります。1分ほどたち、茶葉が開いたら、急須から湯飲みに均等につぎます。この時にお茶の濃さが均等になるように、湯飲みに少しずつ注ぎまわすようにしましょう。最後の一滴まで絞るように注ぎきることで、その後もおいしく飲むことができます。